そうして、投手ではあるのですが、

まず9回を4要所いないの失点で食い止める実例できるようにアイデア。
初回の3ランホームランとかあってもスキームインサイドという結果、2回から抑えて得ることを信じてね。
しかし、5要所瞳は絶対に防ぐ実例。満塁ホームランで同点できない点差であると。ただ打つという作戦がたてる実例できない状況になりますから、そうなると、どんなに打線の激しい分隊であっても、立て直しも厳しくなりますからね。
あとは、初回から、上達守備を取らない実例。それよりも、どんなに圏外測定を稼ぐかを考えるってアリ.そうすれば、ライバルもショートゴロやセカンドゴロを打ってくれたり、犠牲天ぷらでアリというので。
先行要所を加えたくないからとここで、的中とかでランナーが溜まる。圏外測定が伸び悩む。そこからの大量失点を避けたいですね。
当然、終盤の1要所レクレーションであると、そんなにはいかないし、その場合は、さすが上達守備や、バント件のブルドック守備とかの道具を使いながらね。これは、キャンプとかで練習しているかとは思いますけれどもね。
さっそく、失点をできるだけ減らさない。
それには、的中はアリ.フォアボールは控える。それならば、打たれても大量失点にならないから。http://xn--cckzaksn1m2dxcue1356evb1b.xyz/